MENU

生ライブ配信説明会 WEB動画説明会 オンライン
カウンセリング

当院の不妊治療

フェマーラ低刺激周期治療

2022年4月より、排卵を誘発するフェマーラ(一般名:レトロゾール)というお薬が保険適用となり、不妊治療に有効な治療薬として、より身近なものになりました。フェマーラは薬剤を用いる不妊治療の中でも、負担が少なくからだに穏やかに作用し、排卵誘発効果を促すと共に卵胞を育てるホルモンに対して、卵胞自体の反応を良くする働きが報告されています。

卵胞の発育に必要不可欠な卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌が少ないケースにおいても、卵胞の発育や成熟が促される一方、必要以上に多数の卵胞が発育しにくいのが特徴です。また、卵巣を直接刺激しないため、過剰なエストロゲンの上昇も抑制されることから、体への負担を最小限に抑えて、生理的なホルモンバランスを保ったまま治療が行えます。

特に翌周期以降の卵胞の発育に、悪影響を及ぼすことが少ないため、妊娠に至らなかった場合でも連続周期での治療が可能です。

治療方法としては、フェマーラの錠剤を月経3日目より5日間程度内服し、必要に応じて少量のFSH製剤を併用します。その後、最適な卵胞サイズ、ホルモン値に達したらGnRHa点鼻薬で排卵を誘起して採卵します。身体的にも、そして普段の生活やスケージュール面においても、比較的負担の少ない不妊治療と言えるかと思います。

自然に近い、やさしい排卵誘発「フェマーラ低刺激周期治療」とは…

不妊治療の排卵誘発剤として使われるフェマーラは、元々は閉経後の乳がんの治療薬として開発されました。フェマーラにはアロマターゼという酵素の働きを阻害し、エストロゲンの量を減少させて、がん細胞の増殖を抑える効果があります。と言っても、直接がんを攻撃するような強いお薬ではないので、副作用のリスクは少ないとされています。

このフェマーラの作用によってエストロゲンが低い状態を作り、卵胞刺激ホルモンの分泌を促します。また、卵胞内の男性ホルモンを増加させる作用や卵胞刺激ホルモンの量が増えると、卵巣内の卵胞が刺激されて成長しやすくなり、複数の成熟した卵の獲得が期待できます。こうしたプロセスを不妊治療として応用したのが「フェマーラ低刺激周期治療」です。

当院では開院以来10年以上、この「フェマーラ低刺激周期治療」において、約15,000件の採卵実績を積み、不妊治療の第一選択薬として治療効果の検証を重ねてきました。排卵誘発効果が高い上に大きく発育する卵胞の数が過剰に増加するようなこともないため、からだへの負担を最小限に留め、過剰な薬剤投与も不要で自然妊娠に近い形での妊娠・出産が望めます。

フェマーラ低刺激周期治療の効果

フェマーラ周期で凍結胚を移植すると自然周期やホルモン補充周期に比べ有意に高い妊娠率(61.3%vs36.4%vs33.0%)が期待できると報告されています。(Hum Reprod 2017; 32:.1244-1248)
また、当院のフェマーラ周期の新鮮胚移植は、分割胚、胚盤胞共に凍結融解胚移植の成績と同等以上の成績が期待できます(35~39歳:分割胚移植(新鮮、凍結)の出産率 25.6%、20.7%、胚盤胞移植(新鮮、凍結)の出産率 46.2%、36.3%)。(不妊治療指定医療機関の情報公開)。
妊娠経過や生まれた子供のへの影響をフェマーラ周期と自然周期で比較した論文でも差はないと報告されています。(Hum Reprod 2017; 32:.125-132)

フェマーラ低刺激周期治療は令和4年4月から保険適用になりました

フェマーラは、これまでも一部のクリニックで不妊治療薬として使用されていましたが、保険適用外のお薬でした。しかし、2022年4月から不妊治療での保険適用が承認され、国が認める安全な不妊治療薬として一般に認識されるようになりました。

フェマーラ低刺激周期治療を第一選択とした15,000件の採卵実績

一般に広く使用されているクロミッドと比較しても遜色ない妊娠率が報告されているにも関わらず、このお薬を扱うクリニックは決して多いわけではありません。一体なぜなのか?
元々フェマーラが不妊治療に於いて適応外使用であったこともありますが、フェマーラを使用する不妊治療のデメリットは、女性ホルモンの変化を予測し難く、状態把握や採卵時期の調整が他の薬よりも難しい点にあります。そのため、フェマーラの扱いを熟知した医師の経験やスキルが必要不可欠となります。医師側からみれば、実はとても扱い難く面倒な薬で、フェマーラを排卵誘発の軸として扱うクリニックが決して多くない理由は、その辺りにあるのかもしれません。

Shinjuku ART Clinicでは、2022年4月に保険適用される以前から10年以上に渡って、このフェマーラを排卵誘発の第一選択薬として、約15,000件の採卵を行なってきた経験と実績があります。扱い難いとされる点も、これまで積み重ねてきたデータや知識、研究成果を生かしカバーしていくことで、よりからだにやさしいフェマーラ低刺激周期治療で早期妊娠を目指すべく治療に取り組んでいます。

多のう胞性卵巣症候群(PCOS)にも有効なフェマーラ低刺激周期治療

多嚢胞性卵巣症候群は、女性の約5~10%にみられ、月経周期が長く、自然排卵がし難くなり、不妊症の原因となります。超音波検査で卵巣に多数の小さな卵胞を認めるのが特徴です。PCOSは、フェマーラを使った治療が有効とされ、米国産科婦人科学会でもPCOSの女性における排卵誘発の第一選択薬として「フェマーラ」を推奨しています。( Obstet Gynecol 2018 jun;131(6):e157-e171 )
PCOSは、卵胞がある程度の大きさにはなるものの、卵巣の中に数多く作られてしまうことで排卵が起こりにくくなる病気です。フェマーラを使用し、卵胞刺激ホルモンの感受性を促すことで小さな卵胞からも成熟した卵子が採取できるようになります。採取卵子の数や成熟した卵子の割合も増加するため、移植できる胚の数が増えて妊娠率も、より高まることが期待されます。一方、PCOSの排卵誘発で問題となる卵巣過剰刺激症候群(OHSS)が生じる可能性を抑えることが期待できます。

よくある質問

フェマーラの特徴と利点はなんですか
フェマーラにはアロマターゼという酵素の働きを抑える作用があるとされています。
このアロマターゼの働きを阻害することでエストロゲンの値を下げ、卵胞刺激ホルモンの分泌を促す効果が期待できます。排卵誘発の効果が穏やかで、副作用のリスクが低いのが特徴です。
フェマーラは、がんの治療薬とのことですが、不妊治療に使用しても大丈夫なのですか
がんの治療薬と聞くと、非常に強いお薬で、体に大きな負担がかかるのではないかと思うかもしれませんが、がん細胞を直接攻撃するような強い薬剤ではないので、特に大きな心配はいりません。副作用のリスクも少ないとされています。
当クリニックにおいても、これまで15,000件の採卵実績がありますが、大きな副作用や問題もこれまで起きていません。
排卵誘発剤のお薬を使うのが怖くて抵抗があるのですが…
排卵誘発剤を用いる治療は、排卵障害を患っている不妊症患者様の治療として用いられるだけではなく、採取できる状態になる卵子数を増やして妊娠率を高めることができる治療法です。
フェマーラ以外の排卵誘発剤にはどんなお薬がありますか
フェマーラは不妊治療において、排卵誘発を目的として使用される薬剤です。
他に不妊治療で使われる排卵誘発剤にはクロミッドやセキソビットなどの内服薬やFSH、hMGという注射剤があります。
同じ排卵誘発剤のクロミッド(クロミフェン)との大きな違いはなんですか
クロミッドというお薬は女性ホルモンの競合阻害剤です。脳や卵胞や様々なところで、女性ホルモンの作用を阻害します。この作用は、排卵の引き金となる女性ホルモンの増加を抑え、飲み方を工夫することで排卵を抑制します。しかしながら、デメリットとして、子宮内膜が薄くなりやすかったり、中小の卵胞の発生により卵胞が次周期に遺残しやすくなる場合があります。
レトロゾールとフェマーラの違いはなんですか
レトロゾールはフェマーラという薬剤の後発医薬品、いわゆるジェネリック薬品になります。
後発医薬品は新薬と同じ有効成分を含む医薬品です。

PAGE TOP