MENU

ご来院の方へ

お知らせ

2020/06/09

お盆期間の診療時間について
2020/05/20

治療再開に関する日本生殖医学会からの通知について

2020年4月1日付の新型コロナウイルス感染症に対する日本生殖医学会からの声明をもとに不妊治療の延期を受け入れて頂いていた患者様に対して、感染対策を可能な限り施行した上、不妊治療の再開を考慮する旨の新たな通知がありました。

上記通知を受け、当院の診療方針としては、

延期して頂いていた採卵、胚移植(新鮮、凍結を含む)、一般不妊治療(タイミング法、人工授精)、不妊スクリーニング検査等を再開いたします。

今後も皆さまが安心して治療に臨んでいただけるよう新型コロナウイルス感染症の状況も踏まえ、治療方針は患者様とよく相談し決定していきたいと存じます。

新型コロナウイルス感染予防の一環として、引き続き、院内でお待ちいただく時間および患者様の人数を少なくできるよう診察予約時間の調整も継続して行います。それに伴い、ご希望通りの時間帯に診察予約をお取りできない可能性もございますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

また、ご来院前の体温測定、マスク着用、付き添いの自粛、院内採精の中止および感冒様症状、嗅覚・味覚障害、体調不良を認める方のご来院はお控え頂くよう、引き続きご協力の程よろしくお願いいたします。

コロナ禍に負けず、1日でも早く、皆様の「夢」であるわが子を迎えられることを願っております。

2020年5月20日
Shinjuku ART Clinic
院長 阿部 崇
2020/04/28

WEB説明会のご案内を開始しました
2020/04/09

現在、治療中の患者様へ(4月9日更新)

4月7日に政府より緊急事態宣言が発令されました。
当院では現在のところ、通常通りの診療を行う予定です。
患者様のご来院時間の集中を避け、院内滞在時間を減らせるよう予約時間の調整を行っておりますが、診療時間の変更は行いません。

ただし、更なる自粛要請や当院関係者に感染が発生し診療継続が困難になった場合は、診療を中止する可能性もございます。予めご了承いただきますようお願い申し上げます。
2020/04/06

現在、治療中の患者様へ

日本国内でも新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を受け、日本生殖医学会から、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する声明が出されました。
そのなかで、本ウイルス感染症(COVID-19)の妊婦さん、胎児へのリスクが不明であり、万が一感染した場合の使用薬剤を含む治療に制限が危惧されるため、不妊治療の延期を選択肢として患者様に提示することや、採卵を予定している患者さんについては、胚凍結を検討、胚移植を予定している患者さんについても胚移植の時期を検討することが推奨されました。

日本生殖医学会リンク
http://www.jsrm.or.jp/announce/187.pdf

日々変わる日本国内の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の状況と感染爆発の可能性を鑑みると、妊娠後に罹患するリスクは避けたほうが良いと考えざるを得ない状況に変化してきたと判断されます。特に胚移植は、国内での急速な感染拡大の危険性がなくなるまで延期を選択肢としてご考慮いただきたく存じます。
以上、学会からの声明を踏まえ、当院は今後の治療について次のように推奨させていただきます。

・新鮮胚移植予定の方は、全胚凍結に変更し移植を避けること
・凍結胚移植予定の方は、胚移植の延期を考慮して頂くこと
・延期可能な治療については延期を考慮して頂くこと

ただ、卵巣機能が低下してしまっている患者様や比較的年齢が高い患者様におかれまして、特に採卵について時間的な余裕がない方も多くいらっしゃいます。
よって、採卵をはじめとした治療希望の患者様の診療は継続して参りますので、個々の患者様にご説明、ご相談したうえで治療方針を決定したいと存じます。詳細につきましては、外来でご相談ください。
既に胚移植を実施された患者様および胚移植後妊娠反応陽性の患者様は、経過観察の診察が必要となります。
初診の受付も行います。

一方、更なる新型コロナウイルス感染症拡大、政府からの診療自粛通達、当院関係者に感染者が発生するなど診療継続が困難になった場合は、すべての診療を中止する可能性がございます。
治療内容の変更および中止に際して、それまでかかった治療費ならびに胚凍結費用などにつきましては患者様にご負担いただくことになりますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。

また、通院の必要のある患者様の感染リスクを減らすため、なるべく院内でお待ちいただく時間及び患者様の人数を少なくできるよう予約時間の調整も行っております。
ご来院前の体温測定、マスクの着用、付き添いの自粛、感冒様症状、嗅覚、味覚異常のある方や体調不良の方はご来院をお控え頂くよう、引き続きご協力の程よろしくお願いいたします。

昨今の状況と声明を鑑み、改めて皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。

2020年4月6日
Shinjuku ART Clinic
院長 阿部 崇
2020/03/18

着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)臨床研究のご案内
2020/03/11

新型コロナウイルス肺炎に関する当院からのお願い

現在、新型コロナウイルスによる肺炎が拡大している状況のため以下に該当する方は、当院へ受診をお控えいただくか一度ご連絡いただきご相談いただくようお願い申し上げます。

◆37.5度を超える発熱がある方
◆咳などの症状のある方(風邪症状など)

また、患者様の安全を確保するため受診者の付添いはお控えいただきますようお願いいたします。

なお、当院の受付機横にアルコール消毒薬設置しております。
ご来院の際はご使用いただき感染予防にご協力いただきますようお願い申し上げます。

何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。
2020/02/25

新型コロナウイルスによる肺炎拡大による説明会中止のお知らせ

現在、新型コロナウイルスによる肺炎が拡大している状況のため、皆様の健康・安全面を第一に考慮した結果、予定しておりました3月7日の説明会開催を中止させていただくことになりました。

説明会にお申し込みをいただいておりました皆様に、深くお詫びを申し上げます。

今後の説明会につきましては当院ホームページで随時お知らせしてまいります。
何卒、ご理解とご了承賜りますようお願い申し上げます。
2019/12/27

PGT-A(着床前診断)実施施設に承認されました。
2019/12/10

体外受精技術料の一部改定のお知らせ

開院から体外受精技術料の改定を行っておりませんでしたが、諸経費の高騰につきこの度、2020年1月1日から体外受精技術料の一部を改定させて頂くことになりました。
内容は下記の通りです。ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

体外受精技術料金(2020.1.1~採卵の患者様から対象)

◆顕微受精費用(IMSI+PICSI)
(旧)33,000円→(新)44,000円

◆受精費用(1個につき上限5個まで)
(旧)11,000円→(新)22,000円

◆凍結処理費用
(旧)33,000円(個数制限なし)
→(新)凍結胚1個 33,000円
 凍結胚2個 55,000円
 凍結胚3個以上 66,000円

(全て税込表示)
2019/11/29

「当院の検査」ページを更新しました。
2019/10/23

「培養部」ページを公開しました。
2019/07/23

「当院の検査」ページを公開しました。
2019/03/19

クレジットカードご利用開始について

2019年4月1日よりクレジットカードでのお支払ができるようになります。
御利用を希望される患者様は、会計時に会計窓口でお申しつけくださいますようお願いいたします。
お支払い回数は一回払いのみとさせていただきます。採卵消耗品費用についてはお取り扱いできません。
カードの種類については、クレジットカードのみのお取り扱いとなり、デビットカード・電子マネー(交通系等)は使用できません。
クレジットカードの種類によってはお取り扱いできませんのでご了承ください。
2019/03/18

精子運搬用保温器(シードポッド)の取り扱い開始のお知らせ

シードポッド(SEEDPOD)は、自宅で採取した精子を温度変化から守り、安全に持ち運ぶための専用保温容器です。

本体が魔法瓶構造になっており、精子に適した温度を維持でき、持ち運びもしやすいコンパクトサイズの容器です。

当院では、シードポッド(SEEDPOD)を使用しての精子の持込みを推奨しております。

当院受付窓口にてお取り扱いしております。
購入をご希望の際は受付スタッフまでお申し出ください。
本体価格:1,800円(税抜)
2017/11/27

ホームページをリニューアルしました。
2017/11/01

来院時間予約制導入に関して

11月27日(月)から、来院時間予約制の診察が開始となります。

診察予約にあたり、必ず再診予約ページから
事前のID登録をお願いします。

2017/02/01

胚移植を予定されている患者様へ重要なお知らせ

PAGE TOP