MENU

WEB説明会 オンラインカウンセリング

当院の検査

着床不全(Recurrent Implantation Failure)

一般に、3回以上良好な胚(受精卵)の移植を繰り返しても妊娠しない場合、着床不全(Recurrent Implantation Failure)の可能性があります。
着床不全の多くは、胚によるものと考えられますが、その原因は多岐にわたり通常の不妊検査に加え様々な検査・治療が試みられています。

当院では、主に以下の検査を行っています。

慢性子宮内膜炎検査

慢性子宮内膜炎とは、月経では剥離しない子宮内膜の深い部分(基底層)に、慢性的に炎症が起こっている状態で、着床率が1/3に低下、そして妊娠初期の流産率が上昇すると報告があります。子宮内の細菌叢バランスが乱れることにより起こると考えられており、不妊症患者全体での2-3%、着床不全患者の30-60%の頻度で生じていると報告されています。そのため、着床不全患者に限定した場合に慢性子宮内膜炎の検査・診断は有用であると考えられます。

① 組織診

子宮内膜組織を少量採取し、慢性炎症の所見の有無を顕微鏡で病理学的に確認します。

② 遺伝子検査

ALICE(感染性慢性子宮内膜炎検査)
子宮内膜の慢性的な炎症の原因にかかわりが深い細菌の有無を遺伝子レベルで確認します。

EMMA(子宮内膜マイクロバイオーム検査)
子宮内腔の善玉菌であるラクトバチルス属の割合を含む、細菌叢バ ランスを遺伝子レベルで確認します。

炎症や細菌叢の乱れが判明した場合、抗生剤による治療やサプリメント等でバランスを整える治療が必要となります。

ERA(Endometrial Receptivity Analysis)

子宮内膜は、胚を受け入れる着床に適した時期(着床ウインドウ)があると報告されており、個人差があると考えられています。ERAは個々の着床ウインドウを約250個の発現遺伝子を解析することで明らかにする検査です。検査を受けた方の30%近くに着床ウインドウのずれを認めたと報告されています。
EMMA、ALICEと併せて行うこともできます。

着床ウインドウのずれが判明した場合、個々のずれに応じた時期に個別化された胚移植を行います。

ビタミン・ミネラル バランス検査

ビタミンやミネラルのバランスはIVFの成績や着床、流産に影響すると報告されています。

不足やバランスの乱れがある場合は、サプリメントによる補充をお勧めします。

免疫寛容の検査:Th1/2細胞

受精卵・胎児に対する母体側の拒絶反応が強い場合、妊娠維持がうまくいかなくなる可能性があり、これらの免疫バランスを評価する検査です。
拒絶反応を起こす可能性が高いと評価された場合、拒絶反応を抑えることで着床・妊娠維持が可能となるとの報告があります。

免疫抑制剤を用いて拒絶反応を抑えることで着床・妊娠維持を図ります。

受精卵側の問題の検査

PGT-A(Preimplantation Genetic Testing - Aneuploidy):着床前胚染色体異数性検査。
移植胚の全染色体の異数性(いわゆるトリソミーなどの数的異常)を調べる方法です。

正数性胚を移植することにより、流産率の低下や移植あたりの妊娠率の向上が期待されます。

PGT-Aは、反復体外受精・胚移植不成功例、習慣流産例、染色体構造異常例に対して日本産科婦人科学会が認可した施設で臨床研究として開始されました。

当院は臨床研究実施施設に承認され、本臨床研究への参加を開始しました。

自己多血小板血漿(PRP)を用いた治療

患者様本人の血液由来の多血小板血漿(platelet-rich plasma,PRP)を用いた治療方法です。
PRPの主成分である血小板は、組織の修復、損傷部位の血管新生、創傷の治癒に必要な「成長因子」を多数放出することが知られています。
PRP療法は、血小板から放出される成長因子を効率的に濃縮・組成し、治療したい部位へ注入することによって、本来、自分の体が持っている細胞の再生能力を局所的に最大化する治療法です。

不妊治療分野でのPRP療法においては、血小板に含まれる成長因子が、子宮内膜環境改善を促すことが明らかにされています。成長因子を多く含むPRP投与によって子宮内膜が厚くなることが期待でき、受精卵が着床しやすくなる可能性が高くなると考えられています。

参考文献
Maki Kusumi et al, Reprod Med Biol; 2020,19:350–356,202

対象
  • 当院にて不妊治療中で移植を予定している女性の患者様
  • 子宮内膜が厚くならない患者様
  • 反復して治療不成功の患者様

このほかにも参加基準はこまかく定められており、これまでの診療情報をもとに担当医師が判断します。

方法

PRP注入は1周期・原則2回投与となります
PRPの調製は無菌の状態でおこないます。患者さんの前腕から静脈血を20mL採取し、専用の機械(遠心分離機)で血漿部分を抽出します。
このようにして調製したPRPは、子宮用チューブで患者さんの子宮内に注入されます。
なお、調製したPRPが固まるなど、その性状が注入に不適切と判断された場合には、「再度採血」または「投与中止」となることがあります。

安全性について

本治療法は再生医療等の安全性の確保等に関する法律に基づき、再生医療等提供計画の届出後、厚生労働大臣に受理された治療となります。当院は、患者様の不妊治療を目的に2020年12月にPRP療法の認可を受けました。
患者様自身の血液を用いた治療法ですので、アレルギー反応等の心配が少なく、これまでの国内外での使用において、重篤な副作用は報告されておりません。 

*2019年12月時点

PAGE TOP