MENU

初診予約 WEB動画説明会 オンライン
カウンセリング

ご来院の方へ

お知らせ

卵巣機能低下・機能不全に対する当院の取り組み


卵巣機能低下・機能不全は、加齢が主たる原因ですが、外科手術や化学療法によっても起こり、不妊治療の結果を左右する大きな要因となっています。
一般に、卵巣機能低下・機能不全は、以下の2つの状態を指します。
① 卵子数の減少
② 卵子の質の低下

現在、卵巣機能低下・機能不全に対する根本的な治療はありませんが、当院では卵巣機能改善を期待し、以下の取り組みを行っております。
自己血小板由来成分濃縮物(PFC-FD)の卵巣注入療法
卵子の質の向上に対するプテロスチルベンを用いた臨床研究

Shinjuku ART Clinicでは、これまでも卵巣機能の低下した多くの患者さまに対し、自然・低刺激周期による体外受精で妊娠・出産して頂いております。さらに多くの患者様に妊娠していただけるよう、これまでの知見を踏まえ、当院の自然・低刺激周期法の効果を最大限活かせる不妊治療に取り組んでおります。

詳しい内容の説明をご希望される場合は、受診いただくか、無料オンラインカウンセリングでお気軽にお問合わせください。
2024/05/13

5月25日(土)、6月8日(土)個別相談会の予約を開始しました

個別相談会(無料)
個別相談会では、体外受精・顕微授精や一般不妊治療、卵子凍結についてご質問や不安な点などを個別でご相談いただけます。
今までの治療内容や検査結果などをお持ちの方はご持参ください。

対象
• 一般不妊治療(タイミング法・人工授精)をお考えの方
• 体外受精や顕微授精を検討もしくは、治療中の方
• 卵子凍結をお考えの方

個別相談会ページよりご予約ください。
定数に達し次第受付は終了させて頂きます。
2024/03/08

卵子凍結に係る東京都の費用助成は、令和6(2024)年4月以降も継続されることになりました
2024/02/15

「TOKYOプレコンゼミ」受講者におけるAMH検査実施のお知らせ

当院は東京都福祉事業局におけるプレコンセプションケア協力医療機関になります。
「TOKYOプレコンゼミ」を受講された方で検査をご希望の方は、以下方法にてご予約の上、ご来院ください。

【WEBでの予約】
インターネットを通じて、24時間いつでもご自宅のパソコンや携帯電話・スマートフォンより、翌日以降の診察予約ができます。
ご予約には、診察券番号とパスワードが必要になります。
WEBでの予約はこちら

【お電話での予約】
TEL:03-5324-5577
お電話の受付時間については診療時間をご確認ください。
土・日・祝日や午前中診療日は、午前8時から診療終了までとさせていただきます。
恐れ入りますが、お電話が繋がらない場合は翌日午前8時以降にご連絡をお願い申し上げます。
(なお、当ビル停電日は終日お問い合わせができませんのでご了承くださいませ。)

「TOKYOプレコンゼミ」受講に関する詳細は、東京都公式ホームページよりご確認ください。
2024/01/17

(自費)体外受精料金体系の改定についてお知らせ

当院の(自費)体外受精料金は、開院より成功報酬制度を取っておりましたが、体外受精治療の保険適用化に伴い、治療を受けられる患者様層の大きな変化の為、現行の成功報酬制度を維持するのは困難と判断するに至り、成功報酬制度を終了させて頂く事となりました。
令和6年2月1日以降、採卵周期を開始される患者様より新たな(自費)体外受精料金を適用させて頂きます。
患者様に、より安心・安全な医療を提供し、妊娠して頂けるよう誠心誠意努めてまいりますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。

※(自費)体外受精の新料金は治療費ページよりご確認下さい。
※ 現在、お預かりしている凍結胚の移植に関する自費料金は、今まで通り当該採卵周期の成功報酬制度の各プランに紐づく料金となります。
Shinjuku ART Clinic
院長 阿部 崇
2023/12/13

自己成長因子を用いた治療ページ公開しました
2023/11/20

卵子凍結ページを公開しました
2023/11/14

動画配信を更新しました

Shinjuku ART Clinicがお送りする動画配信「妊活ARTチャンネル」最新版♯4~♯9では、保険適用で不妊治療を希望している方に有益な情報をお届けしています。妊娠率向上が期待できる保険治療と先進医療との併用効果や、その費用に関するお話。また、妊娠成功の鍵を握る培養技術の話題では、伊藤秀行培養室室長が「PICSI」「IMSI」「タイムラプス培養」について解説しています。ぜひご覧ください。

妊活ARTチャンネル by 不妊治療専門クリニック「Shinjuku ART Clinic」
2023/10/31

事実婚での治療をお考えの方へ
2023/09/26

『卵子の質の向上に対するプテロスチルベンを用いた臨床研究』のお知らせ

当院は、順天堂大学医学部 河村和弘教授が代表として実施する『プテロスチルベンを用いたエイジング不妊患者の卵子の質の向上に対する無作為二重盲検化比較対照試験』の実施医療機関となります。

プテロスチルベンは、ブルーベリーなどに含まれるポリフェノールで、抗酸化や抗炎症作用があります。
アンチエイジングのサプリメントとして有名なレスベラトロールの約4倍の体内利用率である為、さらに高い効果が期待できます。

私たちは、高齢で卵巣機能が低下したマウスにプテロスチルベンを飲ませることで、体外受精の成績が若いマウスに匹敵するレベルに改善されることを確かめました。

この臨床試験は、プテロスチルベンのサプリメントが加齢による卵子の質の低下を改善するかどうかを確認する事を目的としています。

ご参加頂く方の主な条件は、以下になります。

・当院で体外受精の治療を受ける
・40歳以上45歳以下の方

参加ご希望の方、詳しくお話しをお聞きになりたい方は、スタッフにお声かけ下さい。
通院中でない方は、当院代表番号(03-5324-5577)までご連絡下さい。
2023/07/24

YouTube配信の取り組みについて

私たちShinjuku ART Clinicでは、患者様が知りたい妊活・不妊治療に関する様々な知識や有益な情報、クリニックの概要や治療の取り組みについて、より一層分かりやすくご理解いただけますよう、従来のホームページやInstagramに加え、このほど動画投稿サイトでの配信も行なって参ります。お時間のある時にパソコンやスマホなどでご視聴いただけましたら幸いです。

妊活ARTチャンネル by 不妊治療専門クリニック「Shinjuku ART Clinic」
Shinjuku ART Clinic
院長 阿部 崇
2023/06/19

新型コロナウイルス感染症の5類感染症移行による制限緩和のお知らせ

令和5年5月8日より、新型コロナウイルス感染症は「新型インフルエンザ等感染症(いわゆる2類相当)」から「5類感染症」になりました。
その後1ヶ月程様子をみておりましたが、インスタグラムやツイッターでお知らせしている通り「院内採精」と「受診者の付き添い」の制限を解除いたします。
また、受診をお控え頂きたい方「海外渡航歴があり、帰国して2週間経過していない方」の制限も解除いたします。
なお、院内でのマスク着用に関しては引き続き着用していただきますようお願い申し上げます。
2023/04/12

インスタグラム始めました

ホームページではお伝えしにくい当院の業務や治療情報などを発信して参りますので、よろしくおねがいいたします!
Shinjuku ART Clinic Instagram
2023/03/16

院内でのマスク着用について

厚労省より2023年3月13日以降、
マスク着用は個人の判断に委ねることを基本とするとの発表がありましたが、
医療機関を訪問する際はマスク着用を推奨しております。
当院には妊娠されている方や基礎疾患をお持ちの患者様も受診されているため、
引き続き当院受診時は院内においてマスクを着用いただきますようお願い申し上げます。
2023/03/01

診療時間延長のお知らせ

一人でも多くの患者さまが通院しやすくなるように、
2023年4月1日より診療時間を下記の通り一部変更・延長いたします。

診療時間
月、水、金曜日 午後3:00~6:00
火、木曜日   午後2:30~5:00

※土日祝及び平日午前の診療時間の変更はありません

ご理解の程、よろしくお願いいたします。
2022/12/27

フェマーラ低刺激周期治療ページを公開しました
2022/12/01

東京都特定不妊治療費(先進医療)助成金事業開始についてのご案内

先進医療に関する東京都の助成事業が開始いたしました。
2022年4月以降に行った先進医療の申請が可能です。手続き開始は2023年1月からとなります。

詳細については、東京都福祉局のご案内ページをご確認くださいませ。
東京都先進医療の案内ページ

他自治体にお住まいの患者様は、ご自身で各自治体にご確認いただきますようお願いします。

当院で申請可能な先進医療は以下の通りとなります。(2022年12月1日現在)
・タイムラプス培養
・PICSI
・IMSI
・ERA(子宮内受容能力検査)
・EMMAALICE
・内膜スクラッチ
2022/10/20

最新!生ライヴ配信11月5日(土)開催のお知らせ
2022/09/08

PGT-A(着床前胚染色体異数性検査)をご希望の患者様へ

2022年9月以降、PGT-Aは特別臨床研究から日本産科婦人科学会の新見解に沿って実施されることになりましたので以下についてお知らせいたします。

① 2022年8月まで特別臨床研究に参加され治療中の患者様
2022年9月以降もこれまで通りの治療となりますが、学会が作成した新見解の動画の視聴とそのチェックシート提出、および新しい同意書の提出が必要となりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします。

② 2022年9月以降にPGT-Aを初めて希望される患者様
学会の新見解による緩和された適応に準じ、2回以上の胚移植を行っても妊娠されなかった方、2回以上の流死産歴のある方が対象となります。

なお、PGT-A は保険適用ではないため、実施する周期の治療はすべて自費診療となります。

詳しくは受診時にお問い合わせください。
2022/03/29

通院中の患者様へ

一般不妊治療、体外受精不妊治療を保険診療で行うにあたり、婚姻関係を確認させていただく必要があるため通院中の患者様皆様に以下いずれかを確認させていただくことになりました。
受付時に提示いただきますようお願いいたします。
◆住民票(世帯全員・続柄の記載のあるもの
◆戸籍謄本
※いずれも原本とし、3か月以内に発行したものに限ります。
※治療周期開始時期に確認が取れていない場合は、保険診療で行うことができない可能性もありますので、お早めにご準備くださいませ。

日曜・祝日診察の患者様へ
2022年4月1日より夜間早朝等加算を算定させていただきます。
保険診療の方 150円
自費診療の方 500円


2022年4月より一般不妊治療、生殖補助医療(体外受精など)を保険診療で始める場合は、治療計画書の作成が必要となります。
初回治療計画の作成及びその説明には、ご夫婦のご来院が必要となり、治療計画の見直しの際にもご夫婦のご来院が必要となります。
また、ご夫婦の感染症検査もさせて頂くことになります。他院での一年以内に行った検査結果をお持ちの場合はご持参ください。

よろしくお願いいたします。
Shinjuku ART Clinic
院長 阿部 崇
2022/03/11

2022年4月以降保険適用料金について
2022/02/21

不妊治療保険適用について

本年4月から予定されている不妊治療の保険適用の概要が公表されました。
排卵誘発、採卵、媒精、顕微授精、胚培養、胚移植、胚凍結、人工授精等が保険適用となり、治療開始年齢と治療回数の制限は設定されています。なお、治療回数とは胚移植の回数を表します。

40歳未満:移植回数6回まで保険適用
40歳~42歳:移植回数3回まで保険適用
43歳以上:保険適用なし

保険適用外の患者様の治療は、これまで通り自費による治療となります。

【特定不妊治療費助成の保険適用に向けた経過措置について】
助成金対象となるのは、1回の治療の開始が令和4年3月31日以前であり、終了が令和4年4月1日から令和5年3月31日までの治療です。

令和4年3月31日までに終了している治療は、現行制度が適用されます。
※「1回の治療が終了した日」とは、妊娠の確認の日(妊娠の有無は問いません。)または医師の判断によりやむを得ず治療を中止した日です。


以下のページよりご確認いただけます。
厚生労働省 不妊治療の保険適用の円滑な移行に向けた支援
東京都福祉保健局 東京都特定不妊治療費助成の概要

保険適用の詳細については、新たな情報わかり次第お知らせさせて頂きます。

【PGT-A(着床前胚染色体異数性検査)について】
現在、PGT-Aを含む検査、医療技術、治療が厚生労働省で先進医療として検討されていますが、PGT-Aの審査・承認は4月以降になる予定です。
そのため4月以降、先進医療の承認が得られるまでしばらくは、保険で採卵を行う周期でPGT-Aを行うことができません。(PGT-Aを行う採卵周期は、すべて自費診療となります)
なお、PGTAが先進医療として承認された後には、保険で採卵を行い、PGT-A(自費)を同じ周期に行うことができるようになる予定です。

* 先進医療とは
厚生労働大臣が認めた高度な医療技術や治療法のうち、有効性、安全性は一定の基準を満たしてはいるものの公的医療保険制度の対象外であるため、費用は全額自己負担(自費診療)となります。
先進医療は自費診療ですが、保険診療との併用が可能となります。(通常、保険診療と自費診療を同時に行う混合診療は認められておりません)
2022/01/14

説明会中止のお知らせ

皆さまにお会いし、お話させて頂くことを楽しみにしておりましたが、新型コロナウイルス感染再拡大の状況を鑑み、感染予防の観点から1月22日(土)の説明会は中止させて頂く事としました。お申込みいただいた方には大変恐縮ですが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。
また、お申込み頂いた中でご希望の方には、オンライン個別治療相談をお受けしたいと存じます。詳細につきましては、別途ご連絡させていただきます。
2021/11/17

不妊治療指定医療機関の情報公開について

特定不妊治療費助成事業の指定医療機関は、指定の様式を用いて、各都道府県へ情報提供することになりました。
同じ条件下での各施設の治療内容、成績となります。ご参考にしてください。

東京都特定不妊治療費助成事業指定医療機関の情報公開
2021/10/21

タイムラプス培養ページを公開しました
2021/10/18

システム復旧について

ご報告させて頂きましたシステム障害につきまして、一部継続していた障害もシステム会社による懸命な作業により復旧しております。

皆様には多大なご心配、ご迷惑をおかけしましたが、安心してご来院いただけるよう、より一層努力して参りますのでよろしくお願いいたします。
Shinjuku ART Clinic
院長 阿部 崇
2021/09/01

システム障害調査結果のご報告

6月25日に公表いたしましたサイバー攻撃によるシステム障害につきまして、大手セキュリティー専門会社による詳細な調査を行いました結果、障害の原因は外部からの不正アクセス攻撃によるものと判明いたしました。また、個人情報等の漏洩は確認されませんでした。

システム障害の発生当初、一部の来院患者様及び診察予約患者様に治療開始時期の変更等、大変ご迷惑をおかけいたしました。現在、システムは復旧し通常診療に支障がない状態に戻っております。
凍結胚情報を含む体外受精(IVF)経過情報に関しましても、問題なく確認できますのでご安心ください。
診療録の一部につきましては、システム会社による復旧作業を継続しております。

今調査の結果を踏まえ、再び同様の障害が発生しないようサーバーを新たに入れ替え、院内システム全体を見直し、より高いセキュリティー機能を有するシステムへの移行を行いました。
また、不正アクセスなどの犯罪行為には厳正に対処すべく、警察及び関係省庁への報告も行っております。

皆様には大変なご心配をおかけしておりますことを心よりお詫び申し上げます。
また、こういった状況の中でも、多くの患者様が変わらず当院での治療をご希望いただき深く感謝申し上げます。
患者様のお気持ちを真摯に受け止め、あらゆる措置を全力で講じ、より一層患者様に寄り添った診療をして参りますので、ご理解を賜りますようよろしくお願いいたします。
Shinjuku ART Clinic
院長 阿部 崇
2021/07/16

システム障害について

先日発生しましたシステム障害により、治療開始をお控え頂く等ご迷惑をおかけしており申し訳ございません。

現在、診療システムは順次復旧しております。
つきましては、患者様にお話を伺いながら治療再開をいたしますので治療を希望される方はご予約いただけますようお願いいたします。
なお、当院より確認のご連絡をさせて頂く場合もございますので予めご了承ください。

本件につきましては、警察ならびに厚生労働省に報告し、障害に関する調査を継続しております。
Shinjuku ART Clinic
院長 阿部 崇
2021/06/25

システム障害発生のお知らせ

先日よりカルテシステムに障害が発生し、当院にサイバー攻撃が行われた事がわかりました。
現在、システム関連会社、サイバーセキュリティー専門業者による調査を進めており、厚生労働省にも報告をいたしました。
復旧作業も進めておりますが、患者様の情報が一部しか確認できない状態となっております。

つきましては、
月経3日目で治療開始を考えて頂いていた患者様は、次周期からの治療開始を検討いただければと存じます。
治療周期途中の方に関しても、次周期への延期をご検討頂ければと存じます。
胚移植後の患者様や妊娠中の患者様の診察は継続させていただきます。
患者様にはご迷惑をお掛けし大変申し訳ありませんが、ご理解の程よろしくお願いします。
状況変わり次第ご報告させて頂きます。
Shinjuku ART Clinic
院長 阿部 崇
2021/06/03

WEB説明会(動画配信)に動画を追加しました
2021/04/09

不育症ページを公開しました
2021/03/31

不育症外来 開設のお知らせ

4月20日より毎週火曜日に不育症外来を開設致します。
日本医科大学付属病院女性診療・産科で不育症診療に尽力されておられました竹下俊行先生に外来を担当して頂きます。

診察希望の方は、初診予約ページから不育症外来初診をご予約下さい。
当院通院中の患者様で、不育症外来の診察をご希望の方は、スタッフにその旨お伝え下さい。
2021/01/12

新型コロナウイルス感染対策について

先日、緊急事態宣言が再発令されましたが、当院は通常通りの診療を行っております。また、患者様や職員への院内感染を予防する為、以下の対応を継続して行いますので、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

【受診をお控え頂きたい方】
◆37.5度を超える発熱がある方
◆熱がなくても咳・鼻水など感冒様症状があったり、体調がすぐれない場合や味覚・嗅覚に異常を感じている方
◆感染者と接触した可能性のある方
◆海外渡航歴があり、帰国して2週間経過していない方

【来院患者様へのお願い】
◆ご来院前の体温測定(発熱がある場合は受診をお控えください)
◆院内でのマスク着用
◆来院時、アルコールでの手指消毒
◆受診者の付き添いの自粛
◆院内採精室の使用中止

院内でお待ちいただく時間及び人数を少なくできるように、現在、診察予約の時間枠を調整しております。 つきましては、ご希望の時間帯にご予約が取れない可能性もありますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

【クリニックの感染予防策】 
◆飛沫防止パネルの設置
受付、診察室、ナースセンター、問診室など、患者様と当院スタッフが対面でお話しする場所すべてに飛沫防止パネルを設置しております。


◆院内設備の消毒
受付、再診受付機、診察室、ドアノブ、テーブルなど院内設備については、アルコール消毒を頻回に行っております。

◆職員の健康管理
出勤前の体温測定および体調チェックを行い、体調不良があれば出勤せず自宅待機とし院内感染の予防に努めております。
マスク着用および手指消毒も徹底しております。
2020/12/25

「男性不妊」ページに「精子精液機能検査」を追加しました。
2020/08/04

オンラインカウンセリング開始しました

WEB説明会動画を視聴して頂いた方で、当院へ通院されていない方対象にオンライン診療にて質問をお受けしております。
(無料ですが、5分までとさせていただきます)
オンラインでの不妊カウンセリングをご希望される方は、下記よりオンライン診療用アプリにてアカウント登録頂きご予約ください。
WEB説明会動画の視聴をされていない方は説明会動画視聴後にご予約頂くようお願い致します。

WEB説明会動画ご視聴された方はこちらからアカウント登録・ご予約ください。

WEB説明会動画の視聴をされていない方はこちらからWEB説明会動画をご視聴ください。
2020/07/22

現在、治療中の患者様へ(7月22日更新)

都内をはじめ、全国的に新型コロナウイルス感染者が増加傾向にあり、残念ながら終息の兆しは見られておりません。
つきましては、当院の新型コロナウイルス感染症の感染予防策について改めてお知らせいたします。

【受診をお控え頂きたい方】
◆37.5度を超える発熱がある方
◆熱がなくても咳・鼻水など感冒様症状があったり、体調がすぐれない場合や味覚・嗅覚に異常を感じている方
◆感染者と接触した可能性のある方
◆海外渡航歴があり、帰国して2週間経過していない方

【来院患者様へのお願い】
◆ご来院前の体温測定(発熱がある場合は受診をお控えください)
◆院内でのマスク着用
◆来院時、アルコールでの手指消毒
◆受診者の付き添いの自粛
◆院内採精室の使用中止

院内でお待ちいただく時間及び人数を少なくできるように、現在、診察予約の時間枠を調整しております。 つきましては、ご希望の時間帯にご予約が取れない可能性もありますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

【クリニックの感染予防策】 
◆飛沫防止パネルの設置
受付、診察室、ナースセンター、問診室など、患者様と当院スタッフが対面でお話しする場所すべてに飛沫防止パネルを設置しております。


◆院内設備の消毒
受付、再診受付機、診察室、ドアノブ、テーブルなど院内設備については、アルコール消毒を頻回に行っております。

◆職員の健康管理
出勤前の体温測定および体調チェックを行い、体調不良があれば出勤せず自宅待機とし院内感染の予防に努めております。
マスク着用および手指消毒も徹底しております。
2020/05/20

治療再開に関する日本生殖医学会からの通知について

2020年4月1日付の新型コロナウイルス感染症に対する日本生殖医学会からの声明をもとに不妊治療の延期を受け入れて頂いていた患者様に対して、感染対策を可能な限り施行した上、不妊治療の再開を考慮する旨の新たな通知がありました。

上記通知を受け、当院の診療方針としては、

延期して頂いていた採卵、胚移植(新鮮、凍結を含む)、一般不妊治療(タイミング法、人工授精)、不妊スクリーニング検査等を再開いたします。

今後も皆さまが安心して治療に臨んでいただけるよう新型コロナウイルス感染症の状況も踏まえ、治療方針は患者様とよく相談し決定していきたいと存じます。

新型コロナウイルス感染予防の一環として、引き続き、院内でお待ちいただく時間および患者様の人数を少なくできるよう診察予約時間の調整も継続して行います。それに伴い、ご希望通りの時間帯に診察予約をお取りできない可能性もございますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

また、ご来院前の体温測定、マスク着用、付き添いの自粛、院内採精の中止および感冒様症状、嗅覚・味覚障害、体調不良を認める方のご来院はお控え頂くよう、引き続きご協力の程よろしくお願いいたします。

コロナ禍に負けず、1日でも早く、皆様の「夢」であるわが子を迎えられることを願っております。

2020年5月20日
Shinjuku ART Clinic
院長 阿部 崇
2020/04/28

WEB説明会(動画配信)のご案内を開始しました
2020/04/09

現在、治療中の患者様へ(4月9日更新)

4月7日に政府より緊急事態宣言が発令されました。
当院では現在のところ、通常通りの診療を行う予定です。
患者様のご来院時間の集中を避け、院内滞在時間を減らせるよう予約時間の調整を行っておりますが、診療時間の変更は行いません。

ただし、更なる自粛要請や当院関係者に感染が発生し診療継続が困難になった場合は、診療を中止する可能性もございます。予めご了承いただきますようお願い申し上げます。
2020/04/06

現在、治療中の患者様へ

日本国内でも新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を受け、日本生殖医学会から、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する声明が出されました。
そのなかで、本ウイルス感染症(COVID-19)の妊婦さん、胎児へのリスクが不明であり、万が一感染した場合の使用薬剤を含む治療に制限が危惧されるため、不妊治療の延期を選択肢として患者様に提示することや、採卵を予定している患者さんについては、胚凍結を検討、胚移植を予定している患者さんについても胚移植の時期を検討することが推奨されました。

日本生殖医学会リンク
http://www.jsrm.or.jp/announce/187.pdf

日々変わる日本国内の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の状況と感染爆発の可能性を鑑みると、妊娠後に罹患するリスクは避けたほうが良いと考えざるを得ない状況に変化してきたと判断されます。特に胚移植は、国内での急速な感染拡大の危険性がなくなるまで延期を選択肢としてご考慮いただきたく存じます。
以上、学会からの声明を踏まえ、当院は今後の治療について次のように推奨させていただきます。

・新鮮胚移植予定の方は、全胚凍結に変更し移植を避けること
・凍結胚移植予定の方は、胚移植の延期を考慮して頂くこと
・延期可能な治療については延期を考慮して頂くこと

ただ、卵巣機能が低下してしまっている患者様や比較的年齢が高い患者様におかれまして、特に採卵について時間的な余裕がない方も多くいらっしゃいます。
よって、採卵をはじめとした治療希望の患者様の診療は継続して参りますので、個々の患者様にご説明、ご相談したうえで治療方針を決定したいと存じます。詳細につきましては、外来でご相談ください。
既に胚移植を実施された患者様および胚移植後妊娠反応陽性の患者様は、経過観察の診察が必要となります。
初診の受付も行います。

一方、更なる新型コロナウイルス感染症拡大、政府からの診療自粛通達、当院関係者に感染者が発生するなど診療継続が困難になった場合は、すべての診療を中止する可能性がございます。
治療内容の変更および中止に際して、それまでかかった治療費ならびに胚凍結費用などにつきましては患者様にご負担いただくことになりますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。

また、通院の必要のある患者様の感染リスクを減らすため、なるべく院内でお待ちいただく時間及び患者様の人数を少なくできるよう予約時間の調整も行っております。
ご来院前の体温測定、マスクの着用、付き添いの自粛、感冒様症状、嗅覚、味覚異常のある方や体調不良の方はご来院をお控え頂くよう、引き続きご協力の程よろしくお願いいたします。

昨今の状況と声明を鑑み、改めて皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。

2020年4月6日
Shinjuku ART Clinic
院長 阿部 崇
2020/03/18

着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)のご案内
2020/03/11

新型コロナウイルス肺炎に関する当院からのお願い

現在、新型コロナウイルスによる肺炎が拡大している状況のため以下に該当する方は、当院へ受診をお控えいただくか一度ご連絡いただきご相談いただくようお願い申し上げます。

◆37.5度を超える発熱がある方
◆咳などの症状のある方(風邪症状など)

また、患者様の安全を確保するため受診者の付添いはお控えいただきますようお願いいたします。

なお、当院の受付機横にアルコール消毒薬設置しております。
ご来院の際はご使用いただき感染予防にご協力いただきますようお願い申し上げます。

何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。
2020/02/25

新型コロナウイルスによる肺炎拡大による説明会中止のお知らせ

現在、新型コロナウイルスによる肺炎が拡大している状況のため、皆様の健康・安全面を第一に考慮した結果、予定しておりました3月7日の説明会開催を中止させていただくことになりました。

説明会にお申し込みをいただいておりました皆様に、深くお詫びを申し上げます。

今後の説明会につきましては当院ホームページで随時お知らせしてまいります。
何卒、ご理解とご了承賜りますようお願い申し上げます。
2019/12/27

PGT-A(着床前診断)実施施設に承認されました。
2019/12/10

体外受精技術料の一部改定のお知らせ

開院から体外受精技術料の改定を行っておりませんでしたが、諸経費の高騰につきこの度、2020年1月1日から体外受精技術料の一部を改定させて頂くことになりました。
内容は下記の通りです。ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

体外受精技術料金(2020.1.1~採卵の患者様から対象)

◆顕微受精費用(IMSI+PICSI)
(旧)33,000円→(新)44,000円

◆受精費用(1個につき上限5個まで)
(旧)11,000円→(新)22,000円

◆凍結処理費用
(旧)33,000円(個数制限なし)
→(新)凍結胚1個 33,000円
 凍結胚2個 55,000円
 凍結胚3個以上 66,000円

(全て税込表示)
2019/11/29

「当院の検査」ページを更新しました。
2019/10/23

「培養部」ページを公開しました。
2019/07/23

「当院の検査」ページを公開しました。
2019/03/19

クレジットカードご利用開始について

2019年4月1日よりクレジットカードでのお支払ができるようになります。
御利用を希望される患者様は、会計時に会計窓口でお申しつけくださいますようお願いいたします。
お支払い回数は一回払いのみとさせていただきます。採卵消耗品費用についてはお取り扱いできません。
カードの種類については、クレジットカードのみのお取り扱いとなり、デビットカード・電子マネー(交通系等)は使用できません。
クレジットカードの種類によってはお取り扱いできませんのでご了承ください。
2019/03/18

精子運搬用保温器(シードポッド)の取り扱い開始のお知らせ

シードポッド(SEEDPOD)は、自宅で採取した精子を温度変化から守り、安全に持ち運ぶための専用保温容器です。

本体が魔法瓶構造になっており、精子に適した温度を維持でき、持ち運びもしやすいコンパクトサイズの容器です。

当院では、シードポッド(SEEDPOD)を使用しての精子の持込みを推奨しております。

当院受付窓口にてお取り扱いしております。
購入をご希望の際は受付スタッフまでお申し出ください。
本体価格:1,800円(税抜)
2017/11/27

ホームページをリニューアルしました。
2017/11/01

来院時間予約制導入に関して

11月27日(月)から、来院時間予約制の診察が開始となります。

診察予約にあたり、必ず再診予約ページから
事前のID登録をお願いします。

2017/02/01

胚移植を予定されている患者様へ重要なお知らせ

PAGE TOP